3Dプリンタで判子を作った

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/26 9:47 am
Blog Category / 制作ログ
 

unkohanko1
はんことうんこって似てるやん
ふと3Dプリンタで判子って作れるのかな?との好奇心が湧いてきた。調べてみると家庭用個人向けプリンタでの出力例があるようだ。精度は期待できないだろうが自分もぜひ試してみたい。早速制作にとりかかった。
データ作り
判子にする文字はうんこにした。版下はAdobeAiでササっと制作し、3DCGソフトにエクスポートして立体化する。
unkohanko2
初っ端から間違っている件
AdobeAiから出力したEPSファイルをShadeでインポートし、厚みを付けて立体化したが、この段階で盛大なミスを犯してしまっている。身近な判子作りでのセオリーとして文字や絵柄を反転して掘ってゆく訳だが、そもそもこれは3Dプリンタで印刷するので掘る必要は一切無い。後にこのまま印刷した後に反転させなくてもよかった事に気付き、2.5時間もの時をロスしてしまった。

unkohanko4
グリップ部をデザイン
判子のグリップはリアルなうんこっぽい意匠を与えた。
うんこのデータ作りなら俺にまかせろ。
unkohanko5
Shade上で判子の箇所とグリップをくっつけた。しかし、これではどちらが文字の頭か分からない。何か目印になるものが必要だ。
unkohanko6
グリップが本気で気持ち悪いので、それを中和する意味合いも持たせてファンシーうんこを文字の頭の方向に配置。モチーフはクソだが考え方としては真面目なんじゃないかと思う。
unkohanko7
スライスソフトでSTLデータを読み込み、各種設定を行った後に印刷を開始した。思いついてからデータ作りに2時間、そして即プリント開始。3Dプリンタって素晴らしい。
※この後無事印刷を終えたが、前述の失敗によりデータを修正して再度印刷しなおした。
3Dプリンタでの印刷
una
ご神体のようじゃ…
3Dプリンタでの出力は造形ピッチ0.2mm、ラフト無し、文字をきれいに出すために普段よりもプリントスピードを落とした設定とした。
unb
神々しい
出力完了。ウンコなのに白く輝いているので、そのボディからは清涼感すら漂ってくる。
unc
判子面
文字の箇所はオーバーハング180度という無茶仕様だったのだが、サポート材を剥がしてみると奥面は荒れているものの文字のシャープさ・平滑度は良好だった。
仕上げの塗装と押印
und
命を吹き込みます
判子面は印刷したままだとインクを弾いてしまう為、紙やすりで少々荒らした。その後マスキングを施し、全体にサフを吹いてアクリルガッシュで筆塗りを行う。
unfm
きたねえ
清涼感あふれるホワイトうんこに塗装を施してみると、みるみるうちに汚物と化してしまった。あまりにも見苦しいのでモザイクで自主規制。ファンシーうんこはDrスランプアラレちゃんよろしくピンク色。仕上がりはなんだか意図せずにドラゴンボールZ的な雰囲気が出てしまった。フリーザ軍団のガジェットっぽい。
unem
肝心の判子の結果は芋判子のような素朴な仕上がりに。今回のモチーフはアホみたいな物だが、3Dプリンタで判子はある程度作れる事が実際に製作して理解できたので、次回は人に見せても引かれない物を作りたいと思う。
休日を1日潰してうんこを作る。何をやっているんだ俺は。
モザイク無し写真を見たい好奇心溢れる君は下のリンクをクリックだ!
 

 


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド