Kindleの漫画を返品してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/01 9:30 am
Blog Category / 日記
Tags /
 

kindle1
最近はKindleで漫画を購入していて、昼休みはiPhone、自宅ではiPadで読んでいる。1クリックで購入できるし本棚の確保も考えなくて良いのでついつい気軽に買ってしまいがちで、とうとう購入した電子書籍の累計は200冊を超えた。
山本英夫の連載「HIKARI-MAN」を購入して見ているうちに、同著者の傑作「殺し屋1」を久しぶりに読みたくなった。内容を端的に説明すると、靴の踵に仕込んだ刃物で対象者を勃起しつつ泣きながら切り刻む殺人鬼である「イチ」が、全裸の変態ファッションマゾヤクザと鬼ごっこするという作品なのだが、作者は一体どういったプロセスを経てこういうイカれた発想に到るのか。
山本英夫の作品は学生時代、同級生のN君が学校に持ってきていた「のぞき屋」を借りて見てから、続けて殺し屋1を読んで衝撃を受けた。N君はいつも変な漫画を持ってきていた事に加え、自身がいつも変な物を作っていた。造形の課題としてリアルなうんこをつくりあげ、塗装し、仕上げとして染み付きのティッシュを添えて提出したという豪の者で、当時の若い女性の講師がその課題を見てとんでもなく怒り、最低評価を付けた事を昨日の事のように思い出す。
その女性講師は現在高知県内で人気イラストレーターとして活躍している。過去N君作のうんこに最低評価を下したにもかかわらず、うんこ型のチョコに「うんちょこ」と名付け、フリーマーケットで配布している活動を目の当たりにして一体彼女に何があったのだろう…と心配したものだったが、僕自身も3Dプリンタでうんこを作って喜んでいたりするので何も言えない。
閑和休題
殺し屋1はKindle版が全巻配信されているので早速1・2巻を一緒に購入し端末にダウンロードしてみたところ、2巻の内容がおかしい。
kindle2
読めねえよ!
iPhone6のKindleアプリで閲覧すると、上記のような荒れ具合でまともに読むことができない。こんなことは200冊以上電子書籍を買ってきて初めてだ。端末から削除、クラウドからダウンロードをやり直しても結果は同じ。環境由来でこうなったのか検証したいが、生憎時間が無いのでとりあえずは置いておこうと思っていたところ、Kindleコンテンツは購入から7日以内なら返品(返金)が可能との説明をサポートページで見かけた。返品の可否はAmazonの裁量次第のようだが、ものの試しで実際に返品の手続きをしてみた。
kindle3
サポートページで Fire & Kindleタブを押し、端末を選択。
kindle4
問合せ内容を選択
kindle5
僕の場合は電話を選択し、携帯番号を入力した。すると即コールバックがあるのでオペレーターと会話するという流れ。
僕「1,2巻を同時に買ったけど2巻がこういう状態でまともに見れんし、3巻以降もサンプルで確認すると読めない。もう書籍で揃えたいから2冊とも返品できんか?」
Amazon「返品できるよ!原因は分からないけど担当者に報告しとくよ!」
5分で終了。後日口座へ返金されるとのこと。
1巻は普通に見れるのだから返品は駄目との結果を予想していたが、意外にも融通のきいた対応だった。ちなみに普通に見れる1巻もスキャンクオリティは酷いもので、解像度が低く、暗部はブロックノイズが乗っていて汚かった。
殺し屋1は内容的に自宅に置きづらく、電子書籍で見たかっただけに残念。


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド