グリル用ピザプレートを使えばズボラにおいしくピザが作れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/21 9:30 am
Blog Category / 日記
 

piza1
ここ数ヶ月ヘビーユーズしたので書いた
家の近所に持ち帰り専門のピザ店があり、宅配ピザよりもはるかにリーズナブルかつ美味で重宝していたんだけど、ものの2年程で閉店してしまった。これではピザ難民だ。スーパーで販売されているおいしくないチルドピザでも食ってろというのか。このままでは衝動的に襲ってくるピザ欲を満たせないので自分で作ることにした。
ピザを焼く手段が無い
我が家のオーブンレンジはオーブン機能が壊れていて、このままではピザを焼くことはできない。他にあるものといえばオーブントースターくらいのもの。これでは心許ないので、新しくオーブンレンジを買うのかそれともピザストーン付きのコンベクションオーブンを買うのか悩んだが、最終的に雑貨店で目についた魚焼きグリル用のピザプレートを購入。店頭価格は1800円程だった。
オーブンよりずっと早く焼ける
piza1b
オーブンでピザを焼く場合、予熱に10分、焼き上がりまで15分程が一般的な調理時間となるようだが、グリル焼きの場合はオーブンレンジと比べて温度が高いので短時間で焼きあがるとの事。
実際に調理してみると、予熱に2分、焼き上がりまでは6〜8分程度とたいへんスピーディーだった。初めて焼いた際は4枚分の生地を用意していたが、焼きたてのおいしさとクリスピーな食感が相まって家族3人でファーストピザ1枚を即平らげてしまった。しかし間髪入れずに次のピザが焼けてしまうので、物足りなさを感じる暇などない。
もうピザって言わば飲みもんみたいなもんやね!と娘が意味の分からない事を言っていた。
グリル用ピザプレートの欠点としては、魚焼きグリル用という性質上ピザ生地が小さくなってしまう点があげられるが、その欠点は少人数で楽しむ場合なら焼き上がりの早さでカバーできるかと思う。
下ごしらえの省力化とピザ食いたい衝動への対応
当初は強力粉とベーキングパウダーetcで真面目に生地をこねていたが、とにかく面倒臭い。あまりクオリティにこだわるつもりは無く、楽に安くおいしく食べられれば満足なんだ。省力化のためにホームベーカリーやピザ生地をこねる機能のついたフードプロセッサーを買いたいところだが、それまでは別の方法で対応したいと考えていたところ、近所のスーパーマーケットでピザ専用ミックスを見つけたので試してみた。
piza2
ミックスに水とオリーブオイルをぶち込んで10分こねて10分寝かすだけ。手でこねる事には変わりないが、手軽で扱いやすいうえに、僕のような安舌には必要十分な仕上がり。しっかりクリスピーに焼くことができる。1袋実売180円で2枚分焼ける分量はコスト的な観点から考えると無駄なのかもしれないが、そこまで突き詰めてケチな考えはしたくはないのでその点は無視する。
我が家では一度にピザミックスを5袋程買ってきて、一気に10枚分こねて冷凍ストック。唐突にやってくるピザ食いたい衝動に即時対応できる臨戦態勢をしいている。
具材もだんだんとシンプルになった
piza6
ファーストピザのようす
ピザプレート購入当初はやれベーコンやらゆで卵やら具だくさんで、チーズも数種類使ったりと浮かれていたが、何度もピザを焼くにつれて具だくさん=食べにくい&下ごしらえが面倒臭いという結論に達した。
piza3
中期のピザ、焼く前。
piza5
現在のピザ、焼く前。
最終的な具材はフレッシュモッツァレラチーズ、トマト(義父庭産)、バジル(自宅庭産)、ニンニク(義父庭産)。市販のピザ用チーズは少々塩気が強いので省いた。ピザソースはケチャップ&マヨにドライバジルと醤油をテキトーに加えた手抜きソース。もう少し塩気が欲しいなという時は、お好みで市販のバジルソースをかければいい塩梅となる。
piza2b
以上のように自宅に常備している材料と生地、少ない手間暇でピザを焼き上げるオペレーションを実現できている。「ピザ食いてえ」と思ってから仕上がりまで20分程度かな。宅配ピザより早いし、持ち帰りピザよりも安い。
真面目に作ったピザと比べると味は落ちるんでしょうけどね、焼きたては百難隠す説をここに唱えてこの記事を締めたいと思います。


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド