3Dプリンタの小改良、その2。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/21 9:49 am
Blog Category / 制作ログ
 

prn3d_c3
更に改良したい
先日PRN3Dのメンテと小改良を行ったが、まだ気になる箇所が残っている。Z軸昇降用の寸切りボルトとステッピングモーターを固定するパーツを交換したものの、まだ若干偏心があり、回転する毎僅かにブレが生じてしまっている。このボルトがフレームに固定されていないのが原因だと思うので、ここをフレームに固定するパーツを作るぞ。
prn3d_c1
123D Designで設計
寸切りボルトを受ける軸にはベアリングをはめる。
prn3d_c2
印刷開始
メンテナンスのおかげか、ラフトの印刷が非常にきれいに行われるようになった。
prn3d_c4
印刷完了。ベアリングをはめてー
prn3d_c5
フレームに固定。やったぜカーチャン。
改良後、PrintrunでZ軸を昇降させてみると目に見えてブレが減少した。がしかし、まだ多少偏心しているんだ…これはもう、ボルト自体が歪んでいるとしか思えない。そのうちちゃんとしたボルトに置き換えたいところ。


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド