Sculptrisでのモデリング進捗

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/04/13 9:44 am
Blog Category / 制作ログ
 

sptitle

3Dプリンタ用で出力用のデータを毎夜少しづつ制作中。モチーフは勿論、以前粘土で作った事もある照英だ。今度は3Dプリンタでリベンジを果たす。
sp1
3Dモデリングに用いているソフトはSculptris。一般的なポリゴンモデラーと違い、粘土を扱うかのように直感的に造形する事ができる。触り始めはなかなか思い通りに作ることは難しいが、慣れてしまえば直感的に造形ができる。上の画像のような球を変形させながら造形していくのだが、人間の顔や動物、クリーチャーなど、有機的なモチーフに向いている。モデリングソフトとしての機能はシンプルだが、単純な分造形に集中しやすい。しかもこれがフリーだというのだから太っ腹。
sp2
少しづつデジタルこねこね。毎日少しづつ作っていたため、夢にまで出てくる始末。僕ほど照英と向き合っている人間はそうはいないのじゃないだろうか。リアルな粘土と違いトライ・アンド・エラーが容易なので、微調整が延々と続く。
sp3
これが完成に近いデータ。まだ満足していないが、ここで一度顔の一部をテスト出力しておきたい。そもそもここまで細かくモデリングしても、3Dプリンタでちゃんと出力されるのか。僕はうんこしか出力した事がないんだ。
sp4
おお…きれいに出てるやないか。積層ピッチ0.05mm、ABSで出力。
現在もモデリング進行中。完成したら特集でまとめる予定。


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド