松崎しげるを3Dモデリングする その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/26 4:12 pm
Blog Category / 制作ログ
 

sigeb5
触れば触るほどドツボに嵌る
前回のしげるから若干バランスを整えた。実在の人物をモデリングするのは本当に難しい。少しでも各要素の位置、高さ、大きさが狂えばそれが違和感へとつながってくるんだ。
sigeb6
(左)前回 / (右)最新
こうして並べてみると前回のしげるは圧倒的にしげる感が足りていない。
3Dプリンタでテストプリント
sigeb1
照英と同じように、今回もまず顔の一部を3Dプリンタでテストプリント。ホビー用途の3Dプリンタはあまり細かいモデリングは再現できないので、結果を確認して3Dプリンタに向いた造形に修正する。
sigeb2
印刷中はクリーチャーにしか見えない
素材はABS、造形ピッチは0.2mmでプリント時間1.5時間程。今までプリントベースにはマスキングテープ+スティック糊という組み合わせでプリントしていたが、今回新たにカプトンテープにヤスリがけをするという手法をネットで見かけたので実践してみた。結果は素晴らしく、ABSが収縮する過程で発生する反りが見受けられない。ラフトの印刷も非常に美しく行われた。ちなみにヒーテッドベッドはマスキングテープ+スティック糊の時から非加熱で運用している。
マスキングテープ+スティック糊の時でもABSとテープの接着は強力だったのだが、マスキングテープ自体の接着力が弱く、ABSの反りに負けてテープが造形物ごと浮いてしまっていた。
sigeb3
アルビノしげる
できた。しかし白くてよく分からない。サフを吹いてみる。
sigeb4
夢の共演

歯の再現は十分。目元のシワが消えているな。もっと大げさに付けた方が良さそうだ。


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド