Splatoonやってたら衰えを感じて凹む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/04 5:59 pm
Blog Category / 日記
Tags /
 

ika
早く帰ってスプラトゥーンやりたい。されど残業はデフォ。
夜な夜なスプラトゥーンをやっているんだけどね、ランク10近くになってくると対戦相手のレベルが相対的に上がってゆき、勝率がだだ下がりであるわけだよ。空気が読めない、反応速度が遅い、エイムが下手など、過去から現在までのFPS歴は全く活かされていないもよう。
子供の反射神経とオッサンの衰え
前回の記事で書いたが、娘のプレイが初見から上手くて驚いた。娘は現在ランク10。ガチ勢に囲まれても味方とスマートに連携しながら自分の役割を自覚、遂行できているどころか、対等にやりあっている。
使用武器はスプラローラーコラボ。少し距離のある敵にはジャンプしながらショットガン的にローラーを振ってキル。敵のローラー使いと対峙したら一旦インクに潜りつつ後退して、タイミングを見ながら裏をかいてキル。WiiUパッドで戦況を確認しながら手薄になった敵陣を塗りすすめる。立ち回りが良い。
娘のできている事全てが自分には真似できない。対戦中にパッドを見るととっ散らかるし、敵を認識してからの反応が鈍すぎて行動を起こす頃にはリスポーン地点に戻されている。これは衰えなんだろう。PCでFPSのストーリーモードを遊んでいても薄々気付いていたんだ。反射神経の衰えという厳しい現実を。
こうして人間は歳を重ねるにつれて衰え、しかしそれを認めることができず、自動車免許の自主返納を拒むんだろうな。と思った。加齢による肉体の衰えは素直に受け入れられるのに、反射神経となると認めたくなくなるからふしぎ!
おっちゃん対戦ではおとなしくサポートに徹するで…


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド