Bluetoothサイコン パドローネ スマート プラスを海外通販で安く買った

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/01 12:01 pm
Blog Category / 日記
Tags /
 

cc4
ロードバイクはZwift環境を整えたにも関わらず、室内ですら乗る時間が確保できないという社畜ここに極まれり。といった状況だが、間もなく訪れる自転車シーズンに備えて気分を一新するというこじつけ的な意味でもサイクルコンピューターを新調したい。
今まで使っていたサイコンは、BD-1から流用したキャットアイCC-MC100Wというケイデンス・心拍が計測できないもの。せっかく買い換えるのだから、Garmin、SIGMA、Wahoo、はたまた台湾のBrytonと色々なメーカー・機種を検討したが、最終的に選んだものはキャットアイのCC-SC100Bパドローネスマートプラスとなった。
パドローネスマートプラスは、スマートフォンのGPS・高度データをBluetooth経由で取得してディスプレイに表示させることができる。スマホと通信せずに自転車本体に取り付けたスピード・ケイデンスセンサのみで計測、表示するモードもあるが、あくまでもスマホ主体のサイコンで、各種設定は専用のアプリから行うようになっている。走行ログはスマホ側専用アプリで記録することになるが、スリープモードにしておけばバッテリーの消耗度合は大したことが無いと思われる。ここらへんの具合は自分で実際に使ってみないと分からないけど。
購入
cc2
パドローネスマートプラスは国内ではなぜか実店舗販売のみで、通販で買うことはできない。地元の敷居の高い店に行って取り寄せをお願いするのは面倒臭すぎるので海外の通販サイトを眺めていると、イギリスの Ribble Cycles で本体が随分と安く売られていた(センサーキットは無かった)。国内価格が1.6万に対して、Ribbleだと9000円程。
cc1
梱包は雑だったけど、許容範囲か。送料安いしね。
cc5
センサとマウントパーツはAmazonで確保。
取り付けたイメージ
cc3
センサと本体をロードバイクに取り付けて、スマホアプリで設定を行って終了。古いサイコンは再びBD-1へ。
 使用レポートを書きたいが、そんな余裕がまだ持てない。


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド