3Dプリンタ「PRN3D」で照英ヘッドをテスト出力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/04/15 9:44 am
Blog Category / 制作ログ
 

shtesttitle

先日公開したSculptrisでのモデリング進捗で、照英ヘッドの顔の一部をテスト出力し、予定サイズでのプリントはほぼ問題が無い事を確認できていた。大きなサイズは大丈夫。んじゃ、小さなサイズはどうなのか。気になる。
早速試してみた。いでよ、ミニ照英。
shtest1
ちゃんと出とるやないか…ちゃんと照英してる。
所有しているフィラメントが白色で、iPhoneのカメラではまともに写せないのでサフを吹いた。
小さい方のヘッドは高さ3cm程で、積層ピッチは0.05mm。大きいヘッドは高さ4cm強で積層ピッチ0.1mm。積層ピッチ0.05mmの差は大きく、大きいヘッドよりも小さいヘッドの方がきれいに出力されている。積層ピッチは表面の質というよりも、ディティールの再現度において影響が大きい。
積層跡はFDM(熱溶解積層法)3Dプリンタの宿命としてある程度仕方が無いと思っているが、これくらい表面処理で何とでもなる。この小ささでここまでディティールを再現できたら上出来だ。
shtest2
こんばんわ。キメラ照英です。
このミニヘッドの出力には3.5時間を要したので、胸部も含んだ本来のサイズだとプリントに10数時間はかかる見込み。今度の休日にでも本番出力を行いたい。


  • 最近の投稿
  • 最近の特集
  • 人気の記事
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • タグクラウド